しょぼい農業で生きていく

脱サラ自由人×プロのニート。新規就農する夫婦のブログ

【研修】定時で帰れるって素晴らしい:一日の流れを紹介します【新規就農】

こんばんは、つくつくです。

 

2年後の就農に向けた里親研修が始まり、
充実した日々を送っています。

 

きょうは、
新規就農を検討もしくは予定している方へ
有益な情報を発信するシリーズ第二弾です。

www.syoboi-nougyou.com

 

「研修っていったいどんな内容なの?」
という疑問に答えていこうかと思います。

 

  ◇    ◆    ◇

 

わたしが受けている「里親研修」というのは、
ベテラン農家さんの下に“弟子入り”をし、
栽培技術から農業経営までを教わります。

 

研修が始まる前は、いろいろと心配していました。

 

「優しそうに見えた里親さんが実はスパルタだったらどうしよう」

とか、
「噂に聞く3K(きつい・きたない・危険)だったらどうしよう」
とか。

 

けれど、それらは、完全に杞憂でした。

 

初日に研修の基本事項について説明がありました。

  • 月曜から金曜までの8時半~17時を原則とする(ただし、必要に応じて土曜にも実施したり、時間が前後したりする場合もある)
  • お昼は弁当を持ってきてもよいし、自宅に帰って食べてもよい
  • 行政やJAが主催する外部研修がある場合は、そちらを優先してオーケー
  • 悪天候で圃場での作業ができない場合、自宅での勉強時間に充ててもよい

 

超ホワイトな職場です。

 

それでは、一日の流れを
きょうを例にとってご紹介します。

 

8時半:ぶどうの発送前の最終チェック

f:id:syoboi-nougyou:20191003222715j:plain

1房ずつ点検して、実がつぶれたりしていないかをチェック。
状態のわるい粒は、はさみでパチンと落とします。

 

10時半:お茶の時間
 ぶどうといちじくのジャム(奥さんお手製)とパン、ホットミルク

 

11時半:作業の続き

 

12時:お昼
お弁当を持って近くの公園へ

 

13時15分:作業の続き

 

13時半:県の担当者とミーティング

 

14時半:おやつ
ぶどうのケーキ(奥さんお手製)、コーヒー

 

15時:りんごの葉摘みと玉回し

f:id:syoboi-nougyou:20191003221657j:plain

葉が覆いかぶさっていると、全体が赤く色づきません。

収穫直前のこの時期に、光をさえぎる葉を摘み取ってしまいます。

 

16時:ぶどうの発送作業
ぶどうを詰め合わせた箱に封をして、宛名をペタン。

 

16時半:郵便局の集荷

 

16時半:お茶の時間
和菓子と緑茶

 

17時:解散

 

ざっと、こんな流れでした。

 

なんとも、

ゆる~い一日


そして、

定時で帰れるうれしさ!

 

ああ、こんな日々が永遠に続けばいいのに…

 

 

【Check it out】

f:id:syoboi-nougyou:20191117215732p:plain
f:id:syoboi-nougyou:20191117215709p:plain

 

【Recommend】

NEW❢

NEW❢

【妻の観察日記シリーズ】 
【人生を経営するシリーズ】NEW❢

 

【New Release】